30代 男性 林業 斜面での作業で腰痛 症例 腰痛

■30代 男性 林業 鳥取市

 

■来院

2018年 10月

 

■来院時の状況

林業に従事されており、山の斜面など不安定な場所で什器やのこぎりを使い、重い荷物を運ぶなど、かなり腰に負担がかかる状況。

無理な体勢での作業が常態化しています。

2017年12月から腰痛を訴え、別の整骨院に1ヵ月通って改善するも、通院をやめると再発。その後はどこにも通わず我慢していたが、悪化したので当院に来院されました。

原因について

初回の検査時で、

  • 前屈で強い痛みがある
  • 仰向けで身体をひねると、片方だけ強い痛みがある
  • 就寝時の寝返りの痛みで目が覚める時もある
  • 作業の中盤~後半にかけてダルいような痛みが増してくる

といった状態が1年近く続いていました。

 

原因としては、

  • アンバランスな体勢の作業で、左右の筋肉にかたよった緊張
  • 斜面での作業で生じる上部胸椎のゆがみ(下図参照)
  • 疲労からの内臓(主に胃腸)の機能低下

が考えられます。

腰椎~骨盤周辺のゆがみもありましたが、このケースでは特に上部胸椎のゆがみの方が強く、腰痛への影響が大きかったと考えます。

 

施術内容と経過

腰周辺の筋肉の緊張・アンバランスな負荷