40代 女性 朝起きた時・長距離運転時の腰痛 症例 腰痛

■40代 女性 鳥取市 会社員(事務職)

 

■来院

2016年 10月

症状について

仙腸関節 患部

朝起きた時に強い腰痛、また、毎日1時間以上の車通勤時にも痛みがある。

朝起きた時には、腰全体が痛み、通勤時には仙腸関節付近に痛みが出るとの事。(図のピンクの部分)

慢性的に2~3年続いていたが、直近3ヵ月ほどが特につらいとの事。

過去に整形外科を受診したが、特に異常なし(と言われた)

原因について

最初の検査時に、

  • 腰を後ろにそらした時に仙腸関節にピキッとした痛みがある
  • 仰向けになると、腰全体が引っ張られる感じ
  • 仰向け・膝立てて腰を捻ると、仙腸関節に痛みがある

という状態でした。

 

痛みの原因としては、

  • 長時間の座位(仕事・運転)により仙腸関節の動きが悪くなる
  • 周辺の筋肉の硬さ
  • 胃腸の弱り(ストレス)

が挙げられます。

基本的に大きな動きや作業はないとの事なので、同じ姿勢が長い場合の典型的な腰痛の例と言えます。

施術内容と経過

腰椎と仙腸関節の調整と胃腸の調整を行いました。

この時点で痛みは半分以下にはなったが、後屈時のピキッとした痛みはまだ残るとの事。筋肉は緩んだが、仙腸関節の動きがまだ十分ではない状態。

初回はここで終了。

3~4回は週1回ペースで通院していただくように説明。状態を上げるのと、施術終了後によい状態が継続するための土台作り。

 

4回目の時点で、運転時の痛みはほぼ無くなり、生活にも支障が無くなりました。

 

2週間後に5回目の施術。時折、起きた時に軽く痛むことがあるがすぐに治まるとの事なので、自然治癒力がかなり出てきていると判断しました。

 

3週間後に6回目の施術を行うが、この3週間の間に自然治癒力でほぼ改善し、今後のリスクもほぼ解消された状態になるだろうとと判断。

案の定、6回目来院時で3週間の間、特に困る事はなかったとの事だったので、施術終了しました。

まとめ

今回は、日々の習慣から引き起こされていたので、施術で痛みを取るというよりも、日々の生活の中でも痛みが出ない身体を作っていくというイメージで進めました。

 

起きた時の痛みは、腰椎のゆがみ+胃腸の弱りが考えられるので、内蔵も重点的に調整しました。後屈時の仙腸関節の痛みは、長時間運転にて仙骨が後ろに倒れていたのでそれも調整。

 

いずれも、前半で十分調整され、感覚を空けて調整する事で自然治癒力をうまく引き出せたパターンでした。