めまい

なぜ?検査をしても原因不明だっためまいが当院の施術で改善するのか?

なぜ?検査をしても原因不明だっためまいが当院の施術で改善するのか?

こんな症状でお悩みではありませんか?

めまいは急に起こったり、長期間続いたりしてとてもつらい症状です。また、検査しても原因もはっきりしない場合もあり、精神的にも計り知れない不安に襲われます。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 朝起きると、しばらくフラフラしてすぐには歩けない
  • ふと振り返った時にフワッとして倒れそうになる
  • 運転中に急に平衡感覚が無くなり、本当に怖い…
  • 横になってばかりで家事もできず、家族に申し訳ない
  • 病院で検査したけど、異状ないと言われた。でも、ツライ
  • 薬を飲み続けるのでなく、根本的に開放されたい

こんなめまいの症状に一つでも当てはまった人は、このまま読み進めてください。当院が必ずお役に立てます。

 

めまいのタイプ

ひとくちにめまいと言っても、現れや原因は人によって様々です。いくつかのタイプに分類されます。

  • 回転性のめまい
  • 浮遊性のめまい
  • 動揺性のめまい
  • 眼前暗黒発作と失神発作
  • その他
それぞれ解説していきます。

回転性のめまい

回転性のめまいの原因として挙げられるが、「三半規管(さんはんきかん)」です。三半規管は耳の中にあり、平衡感覚を保つ役割をしています。

この三半規管の中は、リンパ液で満たされています。体が動くと、リンパ液も一緒に動いて身体がどの方向に動いたかを三半規管の神経が察知するのです。

 

しかし、様々な原因によりリンパ液が増えたり減ったり、または循環が悪くなったりする事で、身体が動いてもないのにリンパ液が動いてしまい身体が動いているよ勘違いしてしまいます。

すると、グルグルと回るようなめまいを引き起こす事があります。

 

回転性のめまいとして代表的なものに、「メニエール(またはメニエール氏病)」がありますが、メニエール以外にも前庭神経炎などでも起こります。

三半規管の隣に蝸牛という音を感知する器官があるので、めまいと耳鳴りが同時に発生するケースもあります。

動揺性のめまい

動揺性のめまいの原因は、主に脳幹や小脳にあります。脳幹は平衡感覚をコントロールするところで、脳の一番下部に位置します。小脳は大脳の後ろにあり、こちらも平衡感覚などをコントロールしています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加